加盟企業インタビュー

第3回 家族的な雰囲気で、人と人との信頼を築いています。

第3回 家族的な雰囲気で、人と人との信頼を築いています。

株式会社ダイケン

代表取締役 大木 一信 さん

昭和48年に設立いたしました。以来今日までひたすら防水施工に取り組み、いち早く防水改修工事を手がける中で、多くの実績と、ノウハウを積み上げて参りました。
防水工事に関するご相談、雨漏りでお困りの節は、一度お声掛け下さい。
必ず良い答えをご用意できると思います。
建物と、そしてそこにある暮らしと対話する、そんな施工を心掛けています。

会社情報

会社名株式会社ダイケン
住所名古屋市南区豊田 3-20-26
TEL052-693-0100
URL
 みなさまにもっと「防水施工会社の素顔を知っていただこう」という趣旨のコーナー「加盟企業インタビュー」の第3回は、株式会社ダイケン 大木社長にお話をお伺いいたしました。

[表記] 雨漏り修理の協同組合 → 雨組
雨組  潟_イケンはどのような会社ですか?
大木氏

先代(創立者)がもともと勤めていた会社が、当時から官公庁の「改修工事」を沢山行っており、その流れでダイケンが創立されました。依頼40年近く官公庁を中心に公共施設、学校などの防水改修工事を行っております。

そういうと、堅い会社のようですが、社風は家庭的な雰囲気を大切にしています。

雨組 家庭的な雰囲気というのは、どうしてですか? 
大木氏

我々の仕事は当然ながら「技術力」が重要で、単に雨漏りと言っても原因は様々なケースがあります。そこで、その問題点と改修内容・技術をご提案する上で、やはりきちんとお客様とお話をして、納得というか理解していただくことがとても大切なんです。そのためには、社内・社外通じてささいなことでも話しやすい環境づくりを考えていくと、家庭的な雰囲気が適していると思うわけです。

そうやって信頼関係を築くことで、「雨漏り」の奥深さをじっくりとお話をさせていただき、お客様にも正しい知識を知っていただきたいわけです。

雨組 最近は「内容」より「単価」が優先されるケースも少なくないですしね。
大木氏

ですね、経年劣化による雨漏りはもちろんですが、もともと構造的に弱点のある屋根というのもありますから、そういった目に見えない要素がある場合は「改修」というより「改良」する必要が発生したりします。

もちろん、お客様のご予算というのもありますので、それを踏まえながらどのような工事内容がベストなのかご提案しますが、「単価」優先で一時しのぎ的な工事というのは正直よろしくないですね。

実際、雨がなかなか止まらない、どこから漏れてるか分からないといったケースもあって、よく相談を受けます。

そこはやはり我々のような専門の防水会社の出番なんですよ。

雨組 そのような技術力をどうユーザーに伝えていこうとお考えですか?
大木氏

はい、今後は個人の方へのアプローチももっと力を入れていきたいと考えており、現在そういった資料をまとめていて、年内にはホームページ等でPRしていく予定です。

このインタビューもPRになりますかね(笑)

雨組

もちろんです!(笑)

大木氏 また、弊社のスタッフはほとんどが10年以上のキャリアをもっていて、営業〜現場もこなしますので、お客様とのお打ち合わせの時点でしっかりと問題点を詰めてきます。そういった一人ひとりのスキル・蓄積したノウハウをご提供することが間接的にPRにもなっているのではないかと思っています・・・手前味噌過ぎですか? 
雨組 

いえいえ、せっかくなのでどんどんおっしゃってください(笑)
さて、話は変わりますが、社長のプライベートをお聞かせいただけますか?

大木氏

これが無趣味なんですよですね〜。

というと話が終わってしまいますので、もうちょっと付け足しますが、とにかく出かけることが好きですので、旅行などよく行きますね。

いや〜休日私は何やってるんだろう?(笑)

雨組 最後にこれをご覧おユーザーに防水工事のアドバイス・ポイントなどあれば。
大木氏

やはり、依頼する会社とのコミュニケーションじゃないでしょうか。

円滑なコミュニケーションがとれることで、雨漏れ箇所以外の建物の痛みを把握することもできると思いますので、そのような会社にご依頼いただくことがお勧めですね。

もちろん、ダイケンもよろしくお願いします(笑)

雨組 グイグイ来ますね(笑) ありがとうございました。
大木氏 いやぁ、すみません、ありがとうございました。

 

 今回インタビューさせていただいた大木社長はとても仕事に対してストイックな印象を受けました。
 例えば医療の世界でも「インフォームドコンセント」といって、ドクターと患者さんのコミュニケーションを重要視する動きが多いように、防水工事会社いわゆる「雨漏りドクター」とのコミュニケーションもしっかり取るべきですね。

記事:雨漏り修理の協同組合

 

オギノセメン株式会社
加藤 幹也さん
第1回 礼儀正しい職人が育つ環境を大切にしています。
第1回 礼儀正しい職人が育つ環境を大切にしています。
株式会社アートテックエンジニア
久保 直也さん
第2回 信用第一主義、自利利他の精神で取り組んでいます。
第2回 信用第一主義、自利利他の精神で取り組んでいます。
株式会社ダイケン
大木 一信さん
第3回 家族的な雰囲気で、人と人との信頼を築いています。
第3回 家族的な雰囲気で、人と人との信頼を築いています。
帝国商事株式会社
堤 智さん
第4回 評価して頂くのはお客様、プロの仕事は結果が大切なんです。
第4回 評価して頂くのはお客様、プロの仕事は結果が大切なんです。
株式会社 忠京
宮崎 豊太郎さん
第5回 責任が持てる身の丈にあった仕事で、喜ばれる施工を。
第5回 責任が持てる身の丈にあった仕事で、喜ばれる施工を。

中日本防水株式会社
田中 祥則さん
第6回 防水のプロとして、小うるさいほどしっかり責任施工です。
第6回 防水のプロとして、小うるさいほどしっかり責任施工です。
名建商行株式会社
中村 大輔さん
第7回 ちょっとしたことでも気軽に相談していただきたいです。
第7回 ちょっとしたことでも気軽に相談していただきたいです。
富士建材工業株式会社
河合 富仁さん
第8回 「よりよい仕事」「より安く」「より早く」が原点です。
第8回 「よりよい仕事」「より安く」「より早く」が原点です。
株式会社明光
永谷 英夫さん
第9回 同じことをしっかり積み重ねることが力になります
第9回 同じことをしっかり積み重ねることが力になります
有限会社サプライ
三根 一利さん
第10回 職人を育てることに力を注いでいます。
第10回 職人を育てることに力を注いでいます。

株式会社 中部レキセイ
古川 朋美さん
第11回 お客様のお困りごとに親身に対応して、頼られる会社を目指しています
第11回 お客様のお困りごとに親身に対応して、頼られる会社を目指しています
株式会社マルホウ
日比 裕己さん
第12回 あくまで専門工事屋として、機械化による差別化を図っています。
第12回 あくまで専門工事屋として、機械化による差別化を図っています。
建材化工株式会社
青木 清弘さん
第13回 建築、土木など多方面の知識を活かして雨漏りに向き合っています
第13回 建築、土木など多方面の知識を活かして雨漏りに向き合っています
株式会社エコン
村中 昭次さん
第14回 よい人はよい人を引き寄せる、いい仕事をしてよい関係を
第14回 よい人はよい人を引き寄せる、いい仕事をしてよい関係を
安全防水工事株式会社
田中 雅昭さん
第16回 地域の皆さまに喜んでいただくことが大切と考えてます。
第16回 地域の皆さまに喜んでいただくことが大切と考えてます。

株式会社タツミ
奥村一憲さん
第17回 防水専門会社としての技術と責任を、ずっと大切にしています。
第17回 防水専門会社としての技術と責任を、ずっと大切にしています。
有限会社ヒガシ防水
東 廣明さん
第18回 やはり現場が第一。コツコツ信頼を築くことが大切です。
第18回 やはり現場が第一。コツコツ信頼を築くことが大切です。
有限会社東海ビルテック
渡邉 渉さん
第19回 ご提案の幅が広がるよう、新しい工法も積極的に取り入れています。
第19回 ご提案の幅が広がるよう、新しい工法も積極的に取り入れています。
アイズ株式会社
井上 明亮さん
第20回 スタッフが仕事しやすい環境を整えるようにしています。
第20回 スタッフが仕事しやすい環境を整えるようにしています。
アイチ建材工業株式会社
上原 栄一さん
第21回 「実際に人と会う」ことで得られる、感じるものを大切にしています
第21回 「実際に人と会う」ことで得られる、感じるものを大切にしています

木曽建材工業株式会社
木曽 英俊さん
第22回 感謝の気持ちが仕事にも人付き合いにも大切と考えています。
第22回 感謝の気持ちが仕事にも人付き合いにも大切と考えています。