東海防水改修工事協同組合の案内

技術開発事業

東海防水改修工事協同組合では環境に対応した技術の開発活動また新工法の修得などに取り組んでおります。
また改修工事後のチェック活動も行っています。

新技術・新工法開発活動

私たちは、常に新しい技術を求めて情報収集をして、メーカーとの技術開発会議を行い、改修工事に対する新しいニーズの先取りを心掛けています。
そしてメーカーと一体となってそれに関わる新しい技術開発・工法開発を行っています。

開発活動から誕生した、工法・材料のご紹介

今までも、カラフルな仕上がり色による意匠性や、扱いやすい環境対応型ウレタン塗膜防水材といった数々の新提案でご好評をいただいているオルタック防水システム。施主の方々はもちろん、工事現場周辺の住民のみなさまから施工を行う方達に至るまで、みんなに優しい防水を目指しさらに一歩進めて、材料の混合時に拡販状態が目で見て分かる材料を開発いたしました。目の覚めるような青空色の主剤と、雲を感じさせる白色の硬化材。オルタックスカイシリーズをよろしくお願いいたします。

環境対応とは
・脱TXタイプ(トルエン・キシレン無配合)であること
・シックハウスを引き起こす原因とされる物質を含まないこと
   ※厚生労働省ガイドラインに掲載の14の有害物質を使用しておりません。
・標準仕様で用いられる材料全てでF☆☆☆☆を取得しています。

ビュートップ免振工法