よくある質問

Q1.東海防水改修工事協同組合ってどんな組合なのですか?

よくある質問
東海防水改修工事協同組合は、国土交通省より認可を受けた防水改修工事の協同組合で、高い技術力を誇る数十社の会員が加盟しており、信頼性の高い調査・診断から施工までをサポートしております。
防水改修工事において、施工業者の選定や技術的なご相談など、私ども防水のプロフェッショナル集団へお気軽にお問合せください。
「東海防水改修工事協同組合」についての詳細はこちらからご覧ください。

Q2.業者の選び方がわからないのですが…

よくある質問
防水改修工事を専門とした業者がベストです。
さらに東海防水改修工事協同組合に所属している業者なら知識や技術面で安心といえます。

Q3.防水改修工事にはどんな種類があるのですか?

よくある質問
防水改修工事には、材料や工法の種類が様々あります。材料の選定をしたり、どのような方法で改修をするかも重要になっています。
技術と材料が良い相性で行うことが最適な工事と言えます。
「防水改修工事の種類」についての詳細はこちらからご覧ください。

Q4.適切な防水改修の提案を見分けるポイントを教えてください

よくある質問
下記のポイントを重視してください。

1.現状の防水層の状況についての認識が、改修提案に反映されているか。
2.下地との相性を考慮した改修提案がなされているか。
3.防水端部の納まりの検討が行われているか。
4.騒音・振動の問題に考慮がなされているか。
5.建物の構造体(鉄筋コンクリート構造など)の保護の検討がなされているか。
   (アンカー固定工法の是非・かぶせ工法の検討など)
6.次回の防水改修も視野に入れて提案がなされているか。


※事前に防水チェックシートを使用して、建物の状態を把握しておくと、適切な提案かが見分けやすくなります。

Q5.見積りを取ると、業者によって金額がバラバラになるのはなぜ?

よくある質問
見積を依頼する時に、ただ建物を見せただけでは、受けた業者がそれぞれの仮定条件のもとで見積をするので、工事をする範囲・材料・工法などに違いが出て、別物を比較することになってしまいます。従って、工事の見積条件を各業者同一に設定するためには、事前に劣化診断によって建物の現状を正しく把握した上で、業者に見積もりを依頼する必要があります。

Q6.定期点検とは、どのようなことをしたらいいのですか?

よくある質問
防水改修工事を行っても、定期的なメンテナンスをするかしないかでは劣化速度が大きく違ってきます。
また、劣化のサインを見逃すことを防ぐことができ、早めの措置を取ることができます。
今すぐにできる、防水のメンテナンス方法には次のものがあります。
1. 防水層の表面に異常がないかを点検する。
2. ドレイン(排水溝)周りの点検・清掃
3. 防水層に生えた雑草の生育状況の確認
4. チェックシートで診断する
5. 防水改修工事業者に1年・2年・3年点検を依頼する


尚、4.チェックシートはこちらからダウンロードすることができます。

Q7.戸建住宅の防水改修工事も頼めますか?

よくある質問
組合に加盟している組合員企業の中には戸建住宅にも対応している会社もありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

Q8.建物で防水が必要な部分はどこですか?

よくある質問
雨漏りを防ぐためにコンクリートにかぶせられている防水層は建物の至る所にあります。
屋上だけではなく、廊下やバルコニー、斜壁など・・・水の浸入を防ぐ必要がある場所は意外にも多いのです。
防水層の危険信号を見逃さないためにも、一度診断をしてみる必要があります。
詳細については「防水改修のススメ」をこちらからダウンロードしてご覧ください。

Q9.既存の建物に太陽光発電を取り付けようと思っているのですが、どのような防水対策が必要ですか?

よくある質問
フラットな屋上に太陽光発電を設置する際、一般的には基礎を設けます。
この場合、基礎を設置する場所の防水層を撤去した後、基礎と元の防水層を一体化させる工事が必要となります。
建物やその状況によって対応方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q10.防水改修工事は、どのぐらいの周期でするべきなのですか?

よくある質問
組合では10年を一区切りと考えて計画改修を実施することをお奨め致します。
但し、建物やその状況によって劣化の度合いが大きく異なるため、あくまでも目安と考えていただき、定期点検や専門家による調査・診断を実施してください。
「防水改修工事の時期」の詳細はこちらからご覧ください。

Q11.防水改修工事に適切な時期はありますか?

よくある質問
春先・秋など、雨の少ない時期が最適です。
逆に冬場、梅雨時など、雨の多い時期は避けた方が良いです。

Q12.改修工事が必要な状態とは、どうやって見分けるのですか?

よくある質問
分かりやすいのが、防水層が破れている状態、防水層がはがれ、その下に水がたまっている状態です。
この場合は早急に対策をする必要があります。
劣化のサインは目で見て分かる場合もあり、定期点検を行っていただくことが重要です。
(チェックシートはこちらからダウンロードできます。)
しかし、目で見て分かる状態は劣化が既に進行している場合が多く、早期に対応するためには、やはり専門家による調査・診断を行うことが資産を守ることにつながります。

Q13.防水工事以外の工事も同時に頼めますか?

よくある質問
組合に加盟している業者の中には防水改修工事以外にも塗装やシーリング工事が同時に出来る業者もあります。
同時に行うと工期やコスト面でもメリットがあります。

Q14.見積や防水調査、診断は無料ですか?

よくある質問
基本的には無料で実施しております。
場合によっては、費用が必要となる場合がありますので、一度ご相談下さい。