防水改修工事について

建物は日々劣化している?

過酷な環境にさらされている「屋根」

コンクリート造りの建物の寿命はおよそ60年と言われています。
建物は、雨・雪・風・紫外線・熱による影響を常に受け、暑さ・寒さから私たちを守りながら日々劣化していきます。
特に自然の影響を受けるのが、屋上の「防水層」です。私たちが定期的に健康診断を行うように、建物にも現状を把握する定期診断が不可欠です。早期に不具合を発見し素早く対処することは安全な生活空間の維持につながります。
建物の漏水等の対応によっては、その寿命は短くなったり、長くなったりします。その鍵を握るのが「防水改修工事」なのです。

1.防水改修工事とは

防水改修工事イメージ
防水改修工事とは、防水工事によって設けられた防水層をリニューアルする工事のことです。
防水層には耐用年数がありますが、当然ながら建物寿命より長いということはないので、外壁の塗り替え同様、早かれ遅かれ防水改修工事は必要です。
新築で行う防水工事と違い、その時の防水層の状態や、工法などをきちんと調査・診断し、リニューアルすることが求められ、材料の選定や、どのような方法で改修をするかも重要になっています。
もちろん、材料が良くても、技術が伴っていなかったり、材料と相性の合わない方法で改修を行うと、防水層に不具合が出る可能性があり、トラブルの原因になります。

放っておくとこんなにも危険

破損したイメージ
コンクリートは打設後、初期硬化収縮による小さなヒビ(クラック)が発生することがあります。その後、そのクラックが温度変化や建物のゆれ等で大きくなり、漏水の原因になってくるのです。
もちろん、そのために初期の段階で防水工事を行うのですが、その防水層が劣化してくると、このクラックに水が浸入する危険が高まるのです。

天井や壁が、染みができたり、カビが生えたりしていませんか?

このような現象は建物にとっての危険信号です。
「雨漏り」が原因になっていないか調べてみる必要があります。
ベランダや庇(ひさし)といった場所での漏水であっても放置するのは大変危険です。
雨漏りになる前に早急な対策をとりましょう。
太陽光発電と防水のカンケイ

ソーラーパネルイメージ

環境問題の関心が高まり、既存の建物へ太陽光発電システムを設置するケースが増えています。設置の際に防水層を傷めて漏水事故が起きないよう、同時に防水工事を行う必要があります。屋根は漏水等の危険性が高く、防水工事に携わったことのない業者が安易に施工できるものではありません。
太陽光発電を既に設置又はこれから設置予定の場合は防水工事の専門業者をご紹介させていただきます。

2.資産価値にも影響する改修工事

改修工事イメージ
改修工事が資産価値にも影響することをご存知ですか?
建物が長い年月をかけて劣化していくことは避けられないことです。
しかし、できれば資産価値が下がるのを最小限に抑えたい、そう誰もが思っています。
改修工事は資産価値を守るひとつの手段でもあるのです。
漏水による建物の劣化は大きく資産価値を下げてしまうことになりますので、早めの対処が重要です。

傷みかけたらすぐに改修工事を行うことが重要

改修工事のイメージ
「なぜ傷む前に工事を行う必要があるのだろう?」
それは、トラブルが起きる前に改修工事を行う方が、資産価値を守ることができるからです。資産価値が不必要に下がる可能性があるのは、劣化した建物を放置して、故障や事故などのトラブルが起きてしまったその時です。
改修工事を怠ると劣化し続けた建物が、悲鳴を上げて傷口を見せ始めます。一旦できてしまった傷を、回復させて元通りにすることは難しく、他の箇所まで傷む危険性もあるのです。しっかりとした管理が大切な資産を守ることにつながるのです。
チェックシート 防水チェックシートへ

ビルイメージ

あなたの屋上は大丈夫?
防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣です。皆さまの建物の屋上がどのような劣化状況か、チェックリストで診断してみてください。

3.計画的な防水改修のススメ

防水改修のススメイメージ
前述で、傷む前の改修工事の重要性についてお伝えしましたが、そこで新たな疑問が生まれます。
「傷む前って言っても、それがいつなのかわからない」
当組合では10年ごとの計画的な防水改修をお奨め致しております。

転ばぬ先の杖でコスト削減

コスト削減イメージ
計画的な防水改修でのメリットはたくさんあります。
まずは、総体的に見た時の改修工事費用を抑えることができます。
水漏が発生してしまった場合による大規模な工事よりも、事前の改修工事の方がはるかに費用が抑えられるからです。
他にも、トラブルが起きた場合にかかる時間、管理者側の労力や建物の使用者への影響を考えると、傷む前の改修工事は必要不可欠であると言えます。分譲マンション等の場合で修繕積立費用を算定する時も、先々の計画を立てることで、改修工事の実施予定時期と必要な工事見込額を勘案することもできます。
カタログパンフレットダウンロード

カタログイメージ

カタログパンフレットをダウンロードすることができます。
(上記ボタンをクリックしてページへ移動するとPDFファイルがご覧になれます。)