東海防水改修工事協同組合の案内

改修工事調査・診断事業

建物の防水層のリニューアル・改修工事前に調査診断員が調査にお伺いします。
工事に必要な調査・診断をしたうえで綿密な工事計画を立てご提案いたします。
建物を健全な状態に維持し、資産価値の不必要な低下を防ぐためには、屋上防水の長期的且つ計画的な予防・保全措置が重要となってきます。

調査活動

調査活動イメージ
建物の防水層のリニューアル・改修にあたって劣化の程度を知り、適切な維持保全が行われる目的としての調査を行います。調査依頼の目的や諸条件を踏まえ、専門的に綿密な調査・診断を行い、建物についての判定・所見を報告します。
雨漏りしている建物、改修計画を考えている建物など、どのような建物でもまずは現状の把握が必要です。
調査診断員が調査に伺わせていただきますので、どうぞご相談ください。
  • 調査報告書の作成・提出

診断活動

診断活動イメージ
屋上の防水層の劣化状態を目視・指触・打診することによる診断です。劣化の進行状態・不具合箇所の指摘・改修するにあたってどういった防水材料を使うべきかなどのアドバイスを報告書にて提出いたします。
改修対象を数段階に分けて綿密な調査・診断を行います。

改修計画活動

当該建物を健全な状態に維持し、資産価値の不必要な低下を防ぐためには、屋上防水の長期的且つ計画的な予防・保全措置が必要不可欠です。それは漏水等の故障・事故の発生後での対応では手遅れだと言うことにもなります。
定期的な点検・清掃が大切なのはもちろんですが、経年による劣化が避けられず、それによって機能低下する防水層を計画修繕することは、漏水発生リスクを大幅に減少させます。
調査・診断を踏まえて、その建物の各部位別にどのような材料・工法で改修するのかが適切であるかを判断し、適材適所で改修計画をご提案させていただきます。計画を立てることで、改修工事の実施予定時期と必要な工事見込額を予測することもできます。
建物の劣化と改修サイクル図
  • 改修計画の提案    
  • 改修工事見積書の作成・提出   
  • 改修工事設計図書の作成・提出